分析室PCで卒業論文をPDF形式にする方法

卒業論文は、PDFファイルでの提出も求められています。 (PDFというのは、どのパソコンでもレイアウトなどを壊さず閲覧できることを目的として、Adobe社が定めたファイル形式で広く普及しています。)Wordで作成する方法と、参考までにPrimoPDFというソフトで作成する方法を説明します。 卒業論文では、Wordを使用して作成すればよいでしょう。

WordでPDF形式で保存する

作成した論文をWordで開きます。

Officeボタンのメニューから「名前を付けて保存」→「PDFまたはXPS」を選びます。(図1−1)

図1−1別名で保存メニュー

ファイルの保存先を決定し、「ファイル名」を入力し、「ファイルの種類」が「PDF」、「最適化」が「標準」になっている事を確認して、発行ボタンを押します。(図1−2)

図1-2 PDFで保存するダイアログ

PDFを閲覧するためのソフト、Acrobat Readerが起動して、内容を表示します。内容をよく確認してください。これでPDFファイルが作成出来ました(図1−3)

図1−3 内容の確認

PrimoPDFでPDFファイルを作成する(参考)

分析室PCには、無料で利用できるPDFファイル作成ソフト「PrimoPDF」が組み込んであります。 「PrimoPDF」を利用し、PDFファイルを作成する方法をご案内します。 「PrimoPDF」は、PDF形式で保存する機能がないソフトからでもPDFファイルを作成することができます。

PrimoPDFは、印刷するのと同様の操作でPDFファイルを作成します。

1)ファイルを開き印刷ダイアログを表示させる。

作成した論文を開きます。

メニューから「印刷」→「印刷」を選びます。(図2−1)

図2−1印刷ダイアログを開く

2)PrimoPDFでの印刷ダイアログ操作

「印刷」ダイアログが表示されます。プリンタ名プルダウンメニューから「PrimoPDF」を選択してください。(図2−2)

図2−2 PrimoPDFを使用するための印刷ダイアログ設定

3)PrimoPDFダイアログ

図2−3 PrimoPDFダイアログ

しばらく待つと、PrimoPDFのダイアログが表示されます。「PDF Settings」をPrintにします。PDFファイルを保存先フォルダ(USBフラッシュメモリ等)を選択してください。「保存」をクリックすると指定フォルダにPDFファイルが作成されます。

ソフトアップデート画面が表示されることがありますが、キャンセルをクリックしてください。

図2−4 保存ダイアログが表示されない場合

アップデートが表示された場合等は、ファイル保存ダイアログが隠れてしまうことがあります。画面最下のタスクバーから、「名前をつけて保存」ボタンを探してクリックし保存ダイアログが前面に出るようにしてください。(図8)

ファイルが作成されると自動的にPDFファイルを表示するためのソフトAcrobatReaderが起動して、作成されたPDFファイルの内容が表示されます。(図2−6)文字や図がうまく変換されない場合もありますので、内容をよく確認してください。

4)作成したPDFファイルの確認

図2−5 作成されたファイル

しばらく待つと、選択した場所にPDFファイルが出来上がります。(図2−5ここではデスクトップに作成しました。)

図2−6 内容の確認

ダブルクリックしてファイルを開き、内容を確認してください。(図2−6)

以上でPDFファイルの作成は完了です。

卒業論文の執筆の仕方ページへ