スタッフ

願興寺礼子(GANKOJI Reiko)

スタッフ一覧に戻る

プロフィール

名古屋で生まれ、名古屋で育った生粋の名古屋人です。もちろん野球はドラゴンズ、サッカーはグランパスエイトの大ファンです。大学時代、アメリカでホームステイをし、ホストファミリーの3歳になる可愛い少女がたまたま障害をもっており、一緒に療育に参加させてもらったことがきっかけで臨床心理学に興味をもつようになりました。中部大学に赴任するまでは、精神科の病院で臨床心理士をしていました。最近、我が家の一員となったロングコートチワワと散歩するのが、目下最大の楽しみです。

研究分野および関心がある領域

青年期・成人期の心の問題、心理療法が専門で、特に、女性の心の発達と病理、母娘関係に興味があります。意識レベルのみならず、無意識レベルにまでアプローチするために、箱庭や描画などを使って研究しています。最近は学校臨床にも関心をもち、愛知県のスクールカウンセラーとして、発達障害・情緒障害のお子さん、その親御さん、先生方の相談にのることも多くなってきました。

学生へのメッセージ

大学の4年間はあっという間に過ぎてしまいます。大学を卒業する時、どんな自分になっていたいかを常に意識しながら、毎日を大切に過ごしていただきたいと思います。

主な担当科目

臨床心理学A/B/F 心理学実習D/E

研究室

26号館3F

関連ページ

中部大学の研究者一覧記載事項

スタッフ一覧に戻る

中部大学人文学部心理学科〒487-8501 春日井市松本町1200 電話番号0568-51-1111(代表)