心理データ解析 第8回(3) 

分析例2(主因子解・プロマックス回転)

10項目からなる友人獲得尺度(小塩, 性格心理学研究1999年; 項目は以下を参照)を50名に実施したデータを因子分析する(実際のデータの一部を使用)

1 .悩みを話し合えるような友人ができた
2 .たくさんの友人と一緒に遊ぶようになった
3 .一生つきあっていけるような友人ができた
4 .グループで色々なことをするようになった
5 .言いたいことを何でも言い合える友だちができた
6 .みんなで一緒にいることが多くなった
7 .お互いに信頼できる友人ができた
8 .たくさんの人と知り合いになった
9 .友達と心から理解し合えるようになった
10.友達グループの一員になった

Excelデータのダウンロード → ex0802_2004.xls 
SPSSデータのダウンロード → data08-02.sav(右クリック 各自のUSBメモリに保存し,SPSSで開く)
注:Excelデータをそのまま読み込んで分析しようとすると,変数名に関するエラーが出る(SPSS16)。変数名を短いものにし,項目内容を変数ラベルにコピーしてください。

結果の出力


注:SPSSの表をダブルクリックすると,枠の幅を調整することができる。

因子分析結果を表に表す

Table 1 友人獲得尺度の因子分析結果(プロマックス回転後の因子パターン)

斜交回転とは?


 


心理データ解析トップ
小塩研究室