電子メール転送設定方法(学術情報センター)

学術情報センターから発行されている電子メールの、転送設定方法をご案内します。 なお、教務Webメールについての解説ではありません。

教務Webメールの案内ではありません
ここからログインする方(教務Webメール)の説明ではありません。

平成20年度より、学術情報センターでも、IE等のWebブラウザから使用出来るWebメールのサービスがなされています。 このサービスの設定画面から、転送の設定を行うことが出来ます。

注意 メールループについて

電子メールの転送設定をする上で、メールループを発生させないよう、注意してください。 例えば、

上記を両方行うと、学術情報センター->教務Webメール->学術情報センター->教務Webメール->...が無限に繰り返され、双方のシステムをダウンさせてしまいます。十分注意してください。

1)学術情報センターWebメールシステムへのログイン

学術情報センターのWebページへアクセスします。図に示しているボタンが、学術情報センターWebメールシステムへのリンクとなっています。クリックしてください。

図1 学術情報センターWebページ

図2に示す学術情報センターWebメールシステムへのログイン画面が表示されます。学術情報センターWebメールシステムへのログインID,パスワードでログインしてください。

図2 学術情報センターWebメールシステムへのログイン画面

ログインすると、図3のような画面になります。今回はメールに関する設定を行うので、図に示している、ツールタブを選択します。

図2 学術情報センターWebメールシステムトップ画面

ツールの画面は図4のようになっています。ここから図に示している転送を選びます。

図4 学術情報センターWebメールシステムツール画面

図5に示す、転送設定の画面になります。新しく転送の設定を作成しますので、新規作成ボタンを押します。

図5 転送設定画面

図6に示す、転送の詳細を設定する画面になります。

設定を行ったら、OKボタンを押します。

注意 携帯電話に転送すると、携帯電話で受信するための通信料が発生します。たくさんのメールが届いた場合、大きな金額になることが考えられます。

図6 転送設定画面

設定が出来ていれば、リストに設定名と転送先アドレスが表示されます。

図7 設定完了画面

最後に、自分宛にメール送信を行い、転送がなされるか確認してください。

設定の削除

削除したい項目の先頭にチェックを入れ、--操作を選択--プルダウンメニューより、削除するを選択します。

図8 設定削除方法

確認画面が表示されますので、OKボタンを押すと削除されます。設定のリストからなくなっていることを確認してください。

図9 削除確認画面